保健科学東日本で行える検査について

保健科学東日本は、医療機関から臨床検査の依頼を受け付けています。医療機関の検査は、一刻も争う大切なお仕事ですが、保健科学東日本では、迅速な検査態勢を整えており、1日で依頼主のもとへ結果を届けるように努めています。また、緊急の検査が発生した場合には、検査対象の到着後1時間以内での報告も可能となっています。

医療検査には、時間も重要ですが、精度も落としてはいけません。そこで、保健科学東日本では、検査にまつわるすべての作業を画一化したマニュアルを作成しており、それを徹底しています。また、マニュアルだけでは防ぎきれない人為的なエラーが起こりうる作業に関しては、その作業を担当するものが作業日誌を作成して、確実な検査を行えるようにしています。

また、集団検診にも対応しています。職場の健康診断や、学校の検便・ぎょう虫検査など、定期的に検査の必要な項目も網羅しています。最先端の医療検査だけでなく、こういった生活に密着した検診についても、保健科学東日本は対応しているのです。近年では、ノロウィルスの集団感染も問題になっています。この原因には、食品の取り扱いの際に、食べ物にウイルスが混入してしまうケースもあります。食品取り扱いのある事業主は、こういった企業で、きちんと検診を受けると良いでしょう。