保健科学東日本は健診や環境検査を行う

保健科学東日本は健診や環境検査といった事業を展開しています。日頃から健康管理をしておくことは大切であり、そのために保健科学東日本では学校や企業において定期的に集団検診を実施しています。検診を受けることによって、病気の早期発見や予防が可能となるのです。保健科学東日本では検便検査も実施しています。こちらは介護や食品関係の施設の他、学園祭や文化祭をする学校なども対象としています。事前に検便検査をすることによって、病気を未然に防ぐことが可能です。さらに検尿や蟯虫の検査にも対応しています。

保健科学東日本は水質検査も行っています。厚生労働大臣からの登録を受けており、法律にしたがって検査を実施しています。ニーズに合わせてさまざまな検査を展開しているのが特徴です。たとえば排水検査では、工場や事業場から排出される水が国の定める基準に違反していないのか確かめています。他にも冷却水検査というものも実施しています。さらに岩盤浴検査やプールの検査、飲料水検査なども実施しており、これらを利用している人達の健康を守ることに貢献しています。取引先としては大手のスポーツクラブや公衆浴場、医療機関、鉄道会社などがあります。

さらに保健科学東日本では食品衛生検査を実施しています。食品の安全を守るためにとても大切な検査となっています。食品中に含まれている微生物を検出するための検査を実施したり、栄養成分の検査や残留農薬の検査も行っています。さらに肉種判別検査というものも実施しています。こちらは消費者に正確な情報を届けるためのものとなっています。

さらに身近なところにある化学物質を検出するための環境検査にも取り組んでいます。保健科学東日本はこの検査によって人々の安全を守っています。空気環境測定や土壌検査、産業廃棄物検査、空気清浄度検査といったさまざまな項目を用意しているのが特徴となっています。

保健科学東日本ではすべての検査において精度をとても重視しています。依頼主が満足できる質の高い検査を実現できるように最新設備を整えており、スタッフの教育にも力を入れているのです。これからも検査に対するニーズはどんどん高まっていくと考えられます。そのような期待に保健科学東日本はしっかりと応えていくでしょう。正確な検査を実施することによって、世の中がもっと良くなるために貢献をし、これからも新しい検査方法を導入したり、検査項目をもっと幅広くしていくであろう企業です。